生活を助ける福祉用品で快適な毎日を

福祉用品は高齢者や傷病者、障害者の生活補助、そして自立に役立ち、介護する側の方の負担を軽くする役割を持ちます。高齢者や傷病者の生活や介助を支援したり、障害者の生活や就労、学習を支援するための専用の用具や機器をいいます。
日常生活の中には、健常者にとっては全く不便のないことでも、高齢者や傷病者、障害者にとっては非常に困難なことがあり、それを補助してくれる専用の用具は、不便な生活をとても楽にしてくれます。特に、初めて介護を受ける方や介護をする方が、あったらいいなと思う用具は既に存在し、たいてい揃っています。それは、これまでの福祉の経験によって、必要不可欠な用具がわかっているためです。生活の中で不便に感じることは人によって異なりますので、欲しいと思う用具があれば、一度探してみる価値はあります。

利用するにはレンタルか購入になる

介護保険で福祉用品を利用する場合は、レンタルか購入となります。該当者は65歳以上の方で、介護もしくは介護予防が必要と認められた方、40〜64歳の方で、特定の疾病が原因で介護が必要と認められた方です。介護認定というものがあり、要支援1・2と認定されると、介護予防ケアプランの中で特定介護予防福祉用具を、そして要介護1〜5の場合は、居住サービス計画の中で特定福祉用具を、それぞれレンタルするか購入することになります。
保険給付の対象となる用具はレンタルで12種類、購入は5種類です。介護保険の給付対象のものだけでなく、その他にも種類はたくさんあります。介護保険に関係なく、車いすは市町村の福祉センターなどで1日数百円で貸し出してくれるところもありますので、体調に合わせて借りることもできます。

種類を知っていると色々な生活シーンで役立つ

福祉用品といえば、よく知られているところで移動補助用具である車いすがあります。車いすには自走式と介助式、電動二輪・四輪があります。歩行器については、手や腕で身体を支えて歩行を補助するもので、杖では不安な場合に使われます。六輪歩行器もあります。
ベッドは特殊寝台(電動ベッド)があり、場合によっては床ずれ防止用具も使われます。入浴時に手助けをしてくれるのが、シャワーチェアや入浴補助用具、入浴リフトです。トイレではポータブルトイレが用いられます。ポータブルトイレはプラスチックや木製、スチール製があり、立ち上がりや座り込みがしやすいよう、アームレスト付きが一般的となっています。家具調で居室に馴染むものが好まれます。
他にも、段差解消リフトや立ち上がり座いす、座ったままベッドから車いすなどへの移動ができるスライディングボードがあります。